house plants

カラテアマコヤナ
カラテアマコヤナ
カラテアの花言葉 は「飛躍」、「強い思い」、「あたたかい心」です。 日当たり・置き場所 屋外 カラテアは耐陰性が強いため室内でも育てることが出来ますが、暖かい5月~10月頃は屋外でカラテアを育てた方が管理しやすく、徒長などを防ぐことが出来ます。 ただし、カラテアは直射日光に当ててしまうと葉焼けをしてしまうことがあるため、直射日光の当たらない半日陰か、50%程度の遮光ネットなどで直射日光を遮るようにしましょう。 室内 カラテアは耐陰性が強いため、室内の窓辺など明るい場所であれば育てることができます。ただし、室内だからと言ってカラテアに直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当てて下さい。 また、カラテアにエアコンの風などが直接当たってしまうと枯れてしまうことがあるため、エアコンの風が当たらない風通しの良い場所に置きましょう。 温度 カラテアは寒さに弱いため、冬越しに注意します。 用土 カラテアは水はけが良く保水性に富んだ土が適しています。市販の観葉植物用の土がおすすめです。自分で配合する場合は赤玉土をメインにして、鹿沼土などで排水性を調整しましょう。 鉢 横13cm 縦13cm
¥ 3,960 SOLD OUT
シェフレラ ホンコンカポック
シェフレラ ホンコンカポック
カポック(シェフレラ)の花言葉は「とても真面目」と「実直」 カポック(シェフレラ)の花言葉をご説明する前に、花言葉について少し解説いたします。花言葉とは花を含む様々な植物に対して、その特質や神話、伝説、宗教、歴史、風習などを基に象徴的な意味を込め与えられた言葉のことです。花言葉の歴史を少し振り返ってみましょう。 花言葉の歴史 花言葉はもともと17世紀トルコで行われた、思いを込めた花を恋人へ贈る風習(セラム)から発祥したと言われています。この風習がイギリスのイスタンブール大使夫人を通してヨーロッパ各国へと伝わり、各国が花に抱くイメージを基にしてその国独自の花言葉が誕生した、とされます。19世紀フランスでは、上流階級で思いを花や植物に例えて語る文化が流行し、シャルロット・ド・ラトゥールという女性がこの文化に関する本を出版したところ、花言葉は大ブームとなりました。花言葉の風習は、現在ではトルコやヨーロッパのみならず日本を含むアジアやアフリカまで普及しています。 日本に花言葉文化が輸入されたのは、明治時代初期とされます。当初はヨーロッパと同じ花言葉が使われましたが、次第に日本の風土に沿った花言葉が独自に誕生しました。花言葉には「愛」「平和」など良い意味の花言葉もあれば、「嘘」「嫉妬」など深い意味の花言葉も、「また逢う日を楽しみに」などメッセージそのものの花言葉もあります。 カポックは観葉植物の中でも抜群の人気で、美しい緑色の幹や茎、丸みを帯びた葉、そして花言葉が特徴的な観葉植物です。6~11枚の葉が1本の茎から生えた様子は、手のひらを優しく広げたかのような雰囲気を持っています。カポックは挿し木で増やす育て方も簡単なので、ミニサイズ仕立ての育て方や盆栽仕立ての育て方など様々な育て方ができて、育て方自体をも楽しめる観葉植物ですよ。 カポックは耐寒性や耐陰性がある丈夫な観葉植物なので、カーテン越しの日光が入る室内で育てる育て方も、屋外で越冬させる育て方もできます。育て方に自信が持てない方も安心できる室内用観葉植物ですね。何より、公私を問わずどんな場合にも、そしてどんなテイストの室内にもたちまち溶けこむカポックの優しい姿は、室内を彩るインテリアグリーンとして最適です。 鉢 横11cm 縦11.5cm
¥ 1,650
ゴムの木 フィカスバーガンディー
ゴムの木 フィカスバーガンディー
フィカスバーガンディの花と花言葉 花らしくない花をつけるフィカスバーガンディですが、とても素敵な花言葉がついているのですよ。 「永久のしあわせ」がフィカスバーガンディの花言葉です。 生命力の強いゴムの木全体を表す花言葉ですが、小さな丸い花の中には幸せのパワーに満ちているようにも思えますね。 新婚さんや、新しい家を買った人に贈られると喜ばれるかと ゴムの木類の樹液 過剰に心配する必要はありませんが、フィカス・エラスティカ(インドゴムの木)を始めとしたゴムの木類の樹液には少々注意が必要です。ゴムの木類の樹液は乳白色をしている、いわゆる乳液ですが、実は皮膚に直接触れてしまうと体質によっては皮膚炎や蕁麻疹などを起こしてしまうことがあるようです。そのため、ラテックスアレルギーの方はもちろんのこと、特に何の異常も見られない方もゴムの木類の剪定などを行う場合は出来るだけ手袋などを使用し、樹液が皮膚に直接付着しないようにした方が良いでしょう。また、ゴムの木類の樹液は服などに付着すると中々落ちないそうなので、エプロンなどもあると安心だと思います。 日当たり・置き場所 フィカス・バーガンディは日当たりの良い場所で管理するようにしましょう。 【屋外】 春~秋にかけて屋外で管理することができますが、夏の直射日光を当ててしまうと、刺激が強すぎて葉焼けを起こしてしまうので、30%~50%の遮光をしてください。遮光率はそれぞれの環境に合わせて調整してください。気温が高ければ高いほど葉焼けは起きやすくなるので、40℃を超える場合は日陰に移すことをおすすめします。 遮光するときに遮光ネットや寒冷紗を使用すると簡単に遮光することができます。遮光ネットと寒冷紗はホームセンターや園芸店だけでなく、100均でも購入することが出来ます。 【屋内】 耐陰性があるので、屋内でも大丈夫です。しかし、日光がよく当たった方が健康な株になるので、なるべく日光が当たる場所に置いてください。室内だからと言って直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当てて下さい。 【置き場所】 耐陰性もあるため、室内の日光が入る場所なら大丈夫です。 ただし、エアコンなどの風が直接当たると葉が傷んでしまうので、直接当たらない場所に移動してください。 温度 フィカス・バーガンディは低温に強いという訳ではないので、霜に当たらない様に気をつけましょう。 ベランダ等で育てられている方は、肌寒くなってきた位から室内に取り込んで下さい。 気温が低くなってくると生長が緩慢になります。 ホワイト 鉢 横11cm 縦12cm ブルー  鉢 横11cm 縦11.5cm
¥ 1,650
パキラ(鉢付き)
パキラ(鉢付き)
color 3 鉢の変更は致しかねます。 植物の高さは個体差があります。 鉢 サイズ 高さ 11cm 横 11cm 皿 サイズ 13cm パキラは、風水的に「強い気を発する」といわれており、エネルギーが必要な場所に置くとよいとされています。仕事運や勉強運を高めたい職場のデスク上や、勉強机の上などに置けば、集中力が高められるでしょう。 「発財樹」や「money tree」と呼ばれているパキラは、財力を高める効果があるとも言われています。パキラが健やかに育つ家は、金運がアップし、豊かになるという説も。また、商売繁盛の意味もあるとされているため、職場に置くのもおすすめです。 気の流れが活発なリビングや玄関に置くことで、風水的に「悪い気を鎮める」とされています。負のエネルギーを吸収してくれるので、家の中に「良い気」を引き寄せてくれるかもしれません。 育て方 パキラを室内で育てるときは、窓越しの日光があたる場所であれば十分に育ちます。また、日陰に強いので、室内管理にも向いています。 ただし、余りにも日当たりの悪い場所で管理すると間延びして、全体のバランスが崩れてしまいます。5月〜7月の間はパキラ の生育期に入るので、この時期は日の光がよく当たる場所を選択しましょう。 また、真夏の直射日光は避けたいので、レースカーテンで日光を遮断させてたり、半日陰で管理するようにしましょう。午前中は陽のあたる場所で、午後からは日陰や明るい日陰の場所でも良いでしょう。 夏の直射日光に当てすぎると、葉焼けを起こしかねないので注意しましょう。 パキラはあまり寒さには強くないので、冬の時期は室内で育ててあげましょう。
¥ 2,200
ゴムの木 フィカス バーガンディー
ゴムの木 フィカス バーガンディー
フィカスバーガンディの花と花言葉 花らしくない花をつけるフィカスバーガンディですが、とても素敵な花言葉がついているのですよ。 「永久のしあわせ」がフィカスバーガンディの花言葉です。 生命力の強いゴムの木全体を表す花言葉ですが、小さな丸い花の中には幸せのパワーに満ちているようにも思えますね。 新婚さんや、新しい家を買った人に贈られると喜ばれるかと ゴムの木類の樹液 過剰に心配する必要はありませんが、フィカス・エラスティカ(インドゴムの木)を始めとしたゴムの木類の樹液には少々注意が必要です。ゴムの木類の樹液は乳白色をしている、いわゆる乳液ですが、実は皮膚に直接触れてしまうと体質によっては皮膚炎や蕁麻疹などを起こしてしまうことがあるようです。そのため、ラテックスアレルギーの方はもちろんのこと、特に何の異常も見られない方もゴムの木類の剪定などを行う場合は出来るだけ手袋などを使用し、樹液が皮膚に直接付着しないようにした方が良いでしょう。また、ゴムの木類の樹液は服などに付着すると中々落ちないそうなので、エプロンなどもあると安心だと思います。 日当たり・置き場所 フィカス・バーガンディは日当たりの良い場所で管理するようにしましょう。 【屋外】 春~秋にかけて屋外で管理することができますが、夏の直射日光を当ててしまうと、刺激が強すぎて葉焼けを起こしてしまうので、30%~50%の遮光をしてください。遮光率はそれぞれの環境に合わせて調整してください。気温が高ければ高いほど葉焼けは起きやすくなるので、40℃を超える場合は日陰に移すことをおすすめします。 遮光するときに遮光ネットや寒冷紗を使用すると簡単に遮光することができます。遮光ネットと寒冷紗はホームセンターや園芸店だけでなく、100均でも購入することが出来ます。 【屋内】 耐陰性があるので、屋内でも大丈夫です。しかし、日光がよく当たった方が健康な株になるので、なるべく日光が当たる場所に置いてください。室内だからと言って直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当てて下さい。 【置き場所】 耐陰性もあるため、室内の日光が入る場所なら大丈夫です。 ただし、エアコンなどの風が直接当たると葉が傷んでしまうので、直接当たらない場所に移動してください。 温度 フィカス・バーガンディは低温に強いという訳ではないので、霜に当たらない様に気をつけましょう。 ベランダ等で育てられている方は、肌寒くなってきた位から室内に取り込んで下さい。 気温が低くなってくると生長が緩慢になります。 鉢 横11cm 縦11.5cm
¥ 1,650
ペペロミア・ファレット
ペペロミア・ファレット
ぺぺロミアは、サイズが小さいものばかりなので風水を意識しながら好みの場所に飾ることができます。葉っぱが丸く、下向きに伸びている姿は、風水では気を静めたり、調和したりする「陰」の性質があるとされています。 この性質を持つ植物は、悪い気が充満しやすいリビングやトイレに置くとよいですよ。また、ペペロミア・ジェイドという品種は、ヒスイ(ジェイド)を表す名前から、幸運を呼び寄せる効果があります。 ペペロミアは熱帯地域に生息する植物ですが、日光にはあまり強くありません。耐陰性が強いという特徴もありますが、日当たりが良すぎても悪すぎても綺麗に育ちません。もし葉を綺麗に保ちたいのなら、季節ごとの日当たりに注意して育てて下さい。 特に、夏の強い日光を浴び続けてしまうと、葉焼けを起こしてしまいます。とはいえ、日光が足りないと、今度は葉が光沢を失ったり、せっかくの斑も目立たなくなってしまいます。季節によってちょうど良い日当たりの場所を探してあげると良いでしょう。 ペペロミアは寒さにも弱いため、室内で育てるのが基本です。春や秋はカーテン越しに日光を当て、夏は直射日光は避けて半日陰で育ててあげましょう。冬は窓ガラス越しの日光に当てても大丈夫です。 また、10℃を下回る環境ではペペロミアの越冬は難しくなります。季節によって最適な場所に移すのがおすすめの育て方です。冬の寒い時期に、窓の近くに置きっぱなしにするのも良くありません。冬は窓から少し離して、テーブルの上やテレビ台、トイレなどに置いておきましょう。 縦11cm 横 10cm
¥ 1,650 SOLD OUT